お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Facebook、インドでの「Free Basics」提供打ち切りを決定

2016/02/15 11:23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いささかあっけない幕切れとなったが、Facebookのインド法人は、物議を醸した「Free Basics」プロジェクトのインド国内における打ち切りを発表した。これは、インド電気通信規制庁(TRAI)が、ゼロレーティングプラットフォームに差別的料金体系を禁止する決定を下したのを受けた措置だ。

 Free Basicsの開発をめぐって論争が続き、この問題で業界が二分される中でも、通信サービスプロバイダーが法廷でTRAIの決定に異議を申し立てるかもしれないとの憶測が、業界に広まっていた。だが、今回の発表により、そうした計画にピリオドが打たれた。

 Facebookの広報担当者は米国時間2月11日、電子メールでメディア各社に声明を寄せ、インドではFree Basicsを利用できなくなることを認めたが、38カ国で提供を続け、1900万人の人々を結びつけると述べた。

 TRAIが8日に「Prohibition of Discriminatory Tariffs for Data Services Regulations, 2016」(データサービス規制に対する差別的な料金体系の禁止)という規制を発表するかなり前から、Free Basicsプロジェクトは論争に巻き込まれていたが、この規制により、サービスプロバイダーは、消費者がアクセスするコンテンツに基づく料金体系を禁じられた。

 今回の件でFacebookが得た唯一の慰めは、2年後に規制の見直しを行うというTRAIの決定だった。つまり、2年後の状況によっては、Free Basicsが2018年に復活する可能性があるということだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社