お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「iOS」端末で日付を1970年1月1日に設定すると使用不可能に?--修復手段も

2016/02/15 11:12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「iOS」端末が使用不能になる新たな日付のバグが見つかった。日付を1970年1月1日に設定するだけで、そのiOS端末が起動しなくなるという。

 米ZDNetは、決して自分のiOS端末でこれを試さないよう強く忠告している。


 日付を1970年1月1日と配信する悪質なタイムサーバをセットアップしたハッカーによって、公共Wi-Fiにアクセスした端末が使用不能にされてしまう可能性があるのではないか、との懸念もある。

 この問題の影響を受けるのは、64ビットプロセッサを内蔵し、「iOS 8」または「iOS 9」を搭載する「iPhone」「iPad」「iPod touch」だ。具体的には、以下の端末が影響を受ける。

  • iPhone 5s以降
  • iPad Air以降
  • iPad mini 2
  • 第6世代(2015年版)iPod touch

 元に戻す方法もある。少しの間バッテリを外せばよい。しかし端末を分解することになり、リスクを伴うため、保証を重視する人や分解作業に自信のない人には向かない。

 iPhoneでその手順を実行する様子が動画で紹介されている。


 そのほかのiOS端末については、iFixitにアクセスして、端末内のバッテリ交換に関する説明を参照することをおすすめする。

 端末を分解する代わりに、バッテリが完全になくなるまで待ってもいい。この方法でも、バッテリを取り外すのと同じ結果になるはずだが、時間がかかるだろう。起動画面が表示されただけの状態では、バッテリがあまり消費されないからだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社