お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Kickstarter

落ちた場所が分かるスマホ連携ゴルフボール「Ball Up」--ショットの解析も

2016/02/13 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日記事で取り上げたサッカーボール「INSIDECOACH」は無線LAN(Wi-Fi)に対応しており、スマートフォンのアプリを使ってトレーニングの効率を高めることができた。

 今回紹介するスマートなゴルフボール「Ball Up」は、ゴルフの技術向上に役立つだけでなく、ラウンド中の大きな悩みを解消してくれる。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。

ゴルフのラウンドで最大の悩みを解消するスマートなゴルフボール(出典:Kickstarter)
ゴルフのラウンドで最大の悩みを解消するスマートなゴルフボール(出典:Kickstarter)

 Ball Upは、内蔵する加速度計や磁力計で取得したデータを、専用のピッチフォークに無線送信できるゴルフボール。このピッチフォークはBluetooth対応ゲートウェイとして機能し、データをスマートフォンのアプリへ中継してくれる。

ピッチフォークが通信を中継(出典:Kickstarter)
ピッチフォークが通信を中継(出典:Kickstarter)

 ゴルフコースでプレイするラウンドの際、もっとも困るのは打ったボールが見当たらないとき。フェアウェイ上に打てればよいのだが、森の中に打ち込むと見つけるまで一苦労する。そんなとき、アプリで探すとBall Upのある方角と距離が表示されるので、時間を無駄にしないで済む。もちろん、ロストボールも防げる。

ARで見当をつけ、方向と距離を頼りに見つける(出典:Kickstarter)
ARで見当をつけ、方向と距離を頼りに見つける(出典:Kickstarter)

 また、打った距離、速度、加速度に加え、フックやスライス、ドローといったスピンのデータも取得され、アプリに送られてくる。自分の癖や弱点を客観的に分析することが可能で、ショットの精度向上につなげられるだろう。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間3月11日まで。目標金額の14万5000ユーロに対し、記事執筆時点(日本時間2月12日15時45分)で集まった資金はまだ265ユーロ。キャンペーン期間はあと27日ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社