お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Indiegogo

泳ぎ方をリアルタイムに矯正する競泳用ウェアラブルデバイス「SWIMBOT」

2016/02/12 17:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 スポーツのトレーニングにデータを活用するスマートデバイスの例として、以前スマートなサッカーボール「INSIDECOACH」を紹介した。今回は、クラウドファンディングサービス「Indiegogo」で支援募集中の、競泳向けトレーニング用ウェアラブルデバイス「SWIMBOT」を紹介しよう。

水泳トレーニング用のウェアラブルデバイス(出典:Indiegogo)
水泳トレーニング用のウェアラブルデバイス(出典:Indiegogo)

 SWIMBOTは、水泳の際、スイムキャップの後側に入れて使うデバイス。装着した状態で泳ぐとストロークの状態がチェックされ、適切な動きをしないと骨伝導スピーカからビープ音で指摘される。そのため、泳ぎながらスイミングフォームをリアルタイムに矯正できる。

頭の後ろに装着(出典:Indiegogo)
頭の後ろに装着(出典:Indiegogo)
泳ぎ方をリアルタイムに矯正できる(出典:Indiegogo)
泳ぎ方をリアルタイムに矯正できる(出典:Indiegogo)

 泳いだ後は、取得したデータをBluetooth経由でスマートフォンへ転送して管理しよう。日々のトレーニングデータを蓄積しておくと、スムーズに上達しているかどうかの判断がつく。

 SWIMBOTのスマートフォンアプリでは、泳ぎ方のチュートリアルを3Dグラフィックで学べる。チュートリアルに目を通してからトレーニングすることで、正しいフォームを習得しやすくなる。

練習前にチュートリアルを確認(出典:Indiegogo)
練習前にチュートリアルを確認(出典:Indiegogo)

 なお、MP3プレーヤー機能も搭載しており、好きな音楽を聴きながらリラックスして練習したり、適切なペースでストロークできるリズムの音楽を流して泳いだり、といった使い方も可能。


音楽プレーヤーにもなる(出典:Indiegogo)

 Indiegogoでの目標金額は17万5000ドル。記事執筆時点(日本時間2月10日18時)で約2万3000ドルの資金を集めている。キャンペーン期間はあと1カ月ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社