お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

三菱電機、しゃべってなぞると言葉を表示--世界初「しゃべり描きUI」開発

2016/02/09 11:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 三菱電機は2月9日、タブレットやスマートフォンに話した言葉を指でなぞった軌跡に表示できる音声認識表示技術「しゃべり描きUI(ユーザーインターフェース)」を開発したと発表した。

 しゃべり描きUIは、画面の好きな場所を長押しして話しながらなぞると、話した言葉が軌跡に文字で表示できるというもの。これにお絵かきや多言語翻訳などの機能を組み合わせた「しゃべり描きアプリ」として提供することで、聴覚障がい者や外国人とのコミュニケーションがとれるとしている。

 文字を書く手間がなく、筆談より手軽に会話ができること、さまざまな機能と組み合わせていろいろな使い方ができることなどが特長。多言語翻訳機能と組み合わせれば、表示した文字をその形状のまま翻訳することが可能だ。

 三菱電機では、2016年度中に大学などへ実証実験の協力を呼びかけ、早期の事業化を目指すとしている。

「しゃべり描きUI」操作方法
「しゃべり描きUI」操作方法
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社