お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

デジタルガレージ、ブロックチェーン技術のBlockStreamに出資--日本向けに開発へ

2016/02/04 13:29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デジタルガレージは2月4日、DGインキュベーションを通じて、ブロックチェーン関連技術の開発を手がけるカナダのBlockStreamに、Horizon Capital、AXA Strategic Venturesなどと共に出資したと発表した。Blockstreamは、今回のシリーズA増資で5500万ドルを調達している。

 Blockstreamは、2015年10月にブロックチェーン関連サービスの開発を促進するためのオープンプラットフォーム技術「サイドチェーン」を発表。サイドチェーンは、ビットコインで用いられるブロックチェーンと連動し、ブロックチェーンから分岐した形で新たな技術開発をすることができる。

Blockstreamのウェブサイト
Blockstreamのウェブサイト

 たとえば、さまざまなデジタル通貨を束ねるプラットフォームや、契約書で定義した手続きを自動化する「スマートコントラクト」の仕組みを簡単に開発できるようになる。サイドチェーンの技術はオープンソースとして公開しており、誰もがブロックチェーン関連サービスの開発に利用できるという。

 デジタルガレージでは、今回の出資を機に、Blockstreamの技術を利用した日本市場向けのFinTech関連サービスの開発と、実証実験をオープンイノベーション形式で進めるという。具体的には、「リーガルテック」(法務のIT化)において、デジタルガレージが弁護士ドットコムと連携し、同社の電子契約サービス「CloudSign」を発展する形で、日本の商習慣に最適化したスマートコントラクトシステムを開発することを検討する。

 このほか、デジタル通貨や各種ポイントサービスなどを利用できる次世代決済プラットフォームの開発を、クレジットカード会社や銀行とコンソーシアムを組織しながら進めることなどを予定しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社