お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグルのVRゴーグル「Cardboard」、出荷数が500万台を突破

2016/01/28 12:51
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)コンテンツ向けのシンプルなビューア「Google Cardboard」の人気を集めており、いわゆる没入型体験において、より興味深い実験的取り組みの1つとなる可能性がある。

 Microsoftの「HoloLens」やFacebookの「Oculus Rift」が大きな注目を集め、ニュースを賑わす中、GoogleはシンプルなVR製品「Cardboard」を発売している。Cardboardは公開から1年7カ月を経て、出荷数が500万台を超えたとGoogleが発表した。

 また、Googleは米国時間1月27日付けで投稿したブログ記事の中で、「Google Play」にあるCardboard向けアプリがインストールされた回数が2500万回を超えたことも明らかにした。さらに、VRのモードで視聴されたYouTube動画は計35万時間以上に達しているという。

 Googleは2015年10月、以前より使いやすい開発者向けSDKを提供したことで、Cardboard向けのアプリやコンテンツの多くが勢いを拡大し、年末に向けて加速した。GoogleのCardboardに対するアプローチは、Androidの開発者、Androidのインストールベース、それに低価格なプレイヤーをよりどころにしている。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社