お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、「iOS」向け「Chrome」をアップデート--「WKWebView」を採用

2016/01/28 10:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間1月27日、「iOS」向け「Chrome」の新バージョンをリリースした。

 Googleのブログ投稿によると、iOS向け「Chrome 48」は以前のバージョンよりクラッシュ率が70%減少し、JavaScriptの実行が高速化されており、応答性とウェブ互換性が改善されたという。

 こうした性能と速度の向上は、主としてGoogleが「iOS UIWebView」レンダリングエンジンから、2年前に「iOS 8」に導入された「WKWebView」に移行したことによるものだ。

 Googleによれば、WKWebViewのプロセス分離レンダリングの使用により、単一のウェブビューのクラッシュがChrome全体を停止させることはなくなり、総合的なクラッシュ率の低下につながったという。また、WKWebViewの導入によりChromeの「HTML5test」スコアも改善(391から409へ)されたほか、よりスムーズで応答性のよいスクロールも実現している。

 iOS 8の登場後も、新しいWKWebViewフレームワークへの移行には「いくつかの大きな課題があった」と、Googleでは述べている。例えば、WKWebViewの初期バージョンはCookie管理APIを持たず、そのためCookieを削除または管理する明確な方法がない状態だった。そこでGoogleはWKWebViewの初期バージョンの技術的制約に苦労して対応するよりも、基本的には課題が解決するのを待つことにしたという。

 また、GoogleはChrome向けの拡張機能「Data Saver」もリリースした。このデータ圧縮機能は、公衆Wi-Fiに頻繁にアクセスするユーザーにとって最も役立つものとなっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社