お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップル、「Music Memos」アプリを公開--思いついた旋律を録音、自動伴奏も

2016/01/21 08:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミュージシャンは旋律を思いついたらスマートフォンを取り出して録音アプリを起動し、ギターやピアノ、声などを忘れないうちに録音する。

 しかしその後、ラフな録音をきちんとした音楽に変換する作業は、アーティストが自分で行う必要がある。

 ここで登場するのが、Appleの新しい「iOS」アプリ「Music Memos」だ。このアプリは、新しいタイプの音声メモレコーダーで、音楽のアイデアを記録し、それを少し洗練させた上で、Appleの「GarageBand」や「Logic Pro」といったより高度な音楽ツールに送信できる。米国時間1月20日、App Storeで無料で公開された。

 画面中央にシンプルな録音ボタンがある。ギターまたはピアノ用に最適化されているが、声やウクレレなど何でも録音できる。ただし、ギターとピアノ以外の場合は、一部の機能が利用できない可能性がある。

アップルMusic Memosの録音ボタン
画面中央にあるシンプルな録音ボタン。
提供:Sarah Tew/CNET

 ギターやピアノの録音を終えると、Music Memosは音楽を解析して小節に分け、適切な拍子記号の楽譜に変換し、コード記号も付けてくれる。

 録音を大きく変更することも可能だ。最初と最後をカットしてループ再生できるようにしたり、コード情報を自分の好きなように書き換えたりできる。

 すべての作業を終えたら、自動伴奏ツールを起動することも可能。リズムやコードに合わせてシンプルなベースラインやドラムトラックが、最小限のバックバンドとして加えられる。

アップルMusic Memos
コード情報を自分の好きなように書き換えたりできる。
提供:Sarah Tew/CNET

 アイデアをタグやコメントに残せるほか、録音のメモセクションに歌詞を加えることもできる。Music Memosの録音内容は「iCloud」に保存したり、実際のファイルをGarageBandまたはLogic Proにエクスポートしたりすることが可能だ。

 Appleは同日、音楽制作アプリ「GarageBand」もアップデートした。

アップルMusic Memos
ファイルはエクスポートすることが可能。
提供:Sarah Tew/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社