お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Kickstarter

Kickstarterで人気の防水アクションカメラ「YoCam」--「GoProより多機能かつ強力」

2016/01/21 09:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で、目標金額の8倍以上もの支援を集めているキャンペーン「YoCam」を見つけた。小型軽量の防水アクションカメラなのだが、開発チームは定番の「GoPro HERO4 Session」より多機能かつ強力で「GoProを置いていける」と豪語している。

「GoProを置いていける」という小型軽量の防水アクションカメラ(出典:Kickstarter)
「GoProを置いていける」という小型軽量の防水アクションカメラ(出典:Kickstarter)

 YoCamは、アクションカメラに要求される機能のほか、自撮り用カメラ、ドライブレコーダ、ベビーモニター、ライフログカメラなどとしても使えるよう「あらゆる機能を詰め込んだ」のだという。

 サイズは3.3×1.2×0.8インチ(約8.4×3.0×2.0cm)、重さは55g。IP68の防水性(水深約6m相当)を備える。ちなみにGoPro HERO4 Sessionは、1.5インチ角(約3.8cm角)の立方体をしており、重さは76g。防水性は水深10m相当だそうだ。

GoPro HERO4 Session(出典:GoPro)
GoPro HERO4 Session(出典:GoPro)

 一般的な静止画や動画の撮影機能だけでなく、3秒から60秒のタイムラプス撮影、720p/120fpsの高速度撮影(再生時にスローモーションが見られる)、3秒から10秒のバースト連写、5秒から60秒間隔で静止画を間欠撮影するライフログ機能、5分から10分の動画をループ撮影してドライブレコーダなどとして使う機能など、多彩な機能を備える。

何にでも使える(出典:Kickstarter)
何にでも使える(出典:Kickstarter)

手ぶれ防止機能「MoSteady」を搭載(出典:Kickstarter)

 画角は横140度と広く、風景を納めたり、友達と一緒に撮ったりする自撮りもしやすい。撮像素子の画素サイズが2ミクロン(GoPro HERO4 Sessionは1.37ミクロン)と大きく、F2.0の明るいレンズ(GoPro HERO4 SessionはF2.8)を搭載しているので、薄暮のような薄暗い状況に強いとしている。

友達との自撮りや夕暮れ時の撮影にも(出典:Kickstarter)
友達との自撮りや夕暮れ時の撮影にも(出典:Kickstarter)
肌身離さず持ち歩きたい(出典:Kickstarter)
肌身離さず持ち歩きたい(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの目標金額は8万ドル。記事執筆時点(日本時間1月20日12時)で約67万8000ドルの資金を集めている。キャンペーンはあと1日で終了する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社