お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Kickstarter

鮮やかなポストカードとして送れる組み立て式VRヘッドセット「VR Card」

2016/01/19 18:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)映像を楽しむには、顔に装着し、顔の向きに合わせて映像が変化するVRヘッドセット(ゴーグル)が欠かせない。高価だが本格的な「Oculus Rift」を使うのもよし、とりあえず手軽な段ボール製の「Google Cardboard」を利用してもよい。


左:Oculus Rift(提供:Josh Miller/CNET)、右:Google Cardboard(提供:Screenshot by Nick Statt/CNET)

 しかし、スマートフォンを必要とするVRヘッドセットを使うなら、味気ない茶色の段ボールで作るCardboardでなく、鮮やかな印刷を施してポストカードとして送れる組み立て式VRヘッドセット「VR Card」を選んではどうだろう。現在クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中。


鮮やかなポストカードとして送れる組み立て式VRヘッドセット(出典:Kickstarter)

 VR Cardは、ほぼ平らになる形状の組み立て式VRヘッドセット。ポストカードのほか、パンフレットや招待状などにも使えるので、企業が商品のロゴや解説、キャッチコピーなどを印刷し、商品の販促品として配ったり、PRグッズとして送ったりするのに最適だ。


マーケティング用途に最適(出典:Kickstarter)

 組み立てはCardboardよりも簡単。平らな状態から引き起こし、スマートフォンを挿入するだけで使える。レンズの部分は、輸送中に傷つかないよう保護されている。


組み立ては簡単(出典:Kickstarter)

Google Cardboardの組み立ては手間(提供:Screenshot by Nick Statt/CNET)

 VR Cardは自由に印刷して送れるだけでなく、該当するVR映像がVR Cardを受け取った人に見てもらえたかどうかトラッキングできるよう、QRコードなどを利用するシステムが用意される。

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間2月17日まで。目標金額の5万ドルに対し、記事執筆時点(日本時間1月19日14時)で集まった資金はまだ676ドル。キャンペーン期間はあと29日ある。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社