お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

フリマアプリ「メルカリ」、匿名配送サービスの本格運用を開始

2016/01/18 18:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メルカリは1月18日、フリマアプリ「メルカリ」で、一部対象者に試験運用していた「らくらくメルカリ便」の匿名配送サービスを、すべてのユーザーに提供すると発表した。料金は無料。

 匿名配送サーヒスは、出品者・購入者ともに互いの住所や氏名などの個人情報を伝えずに配送できるサービス。これにより、らくらくメルカリ便の利用時には、配送ラベルに互いの個人情報を記載することなく配送できるようになる。

匿名配送サービス

 同社によると、「見ず知らずの人に住所を伝えるのが不安」という匿名配送への要望があり、2015年9月から試験運用を実施。試験期間を経て、対応の準備が整ったため、すべてのユーザーに対して提供を開始するという。メルカリとヤマト運輸が住所などのデータを連携したことで、送り状に出品者と購入者の住所を記載しなくても荷物が送れるようになった。

 さらに、らくらくメルカリ便は、全国のどこから発送しても同一の料金設定であり、メルカリが料金の一部を負担することで、ヤマトの通常送料より最大69%オフの低料金で利用できる。アプリで発行されるQRコードをヤマト運輸店頭端末「ネコピット」で読みこむと自動で伝票が印刷されるため、伝票を記入する手間もないという。

 メルカリのユーザーは商品の配送方法として、らくらくメルカリ便の利用を選択するだけで匿名配送が可能。ただし、らくらくメルカリ便以外の配送方法を選択した場合や、支払い完了後にらくらくメルカリ便に変更した場合には、匿名配送サービスを利用できない。

 現在、らくらくメルカリ便の受付はヤマト運輸直営店のみだが、「ヤマト運輸セールスドライバーによる集荷」「コンビニエンスストアでの発送の受け付け」も順次対応予定だという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社