お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

モジラのログインシステム「Persona」、2016年11月末に終了へ

2016/01/13 12:15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブラウザメーカーのMozillaは、個人認証サービス「Mozilla Persona」を終了する計画の詳細を明らかにした。同サービスのユーザーが別のプラットフォームに移行するまでに残された期間は、あと10カ月強だ。

 MozillaはPersona.orgおよび関連ドメインの提供を米国時間11月30日に終了する予定で、Personaのサーバに格納されたすべてのユーザーデータは破棄される。

 Mozillaは、ドメインやユーザーデータをサードパーティーに移管しないことに決めた。

 MozillaのRyan Kelly氏は、メーリングリストに投稿したメッセージの中で次のように書いた。「われわれは、不透明な識別子ではなく電子メールアドレスを露出するよう意図的にPersonaを設計したので、認証済みメールアドレスを提供する他のシステムに移行しやすいはずだ」

 Kelly氏によると、Mozillaは11月30日まであらゆるセキュリティ問題を修正するが、新機能のリリースや開発は行わないという。

 Mozillaは、Personaのユーザー向けに公開したFAQの中で、同サービスが廃止されるのは利用が少ないためだと述べた。

 「われわれの指標は、persona.orgの利用が少なく、過去2年間で伸びていないことを示している。認証システムに求められる水準のセキュリティと可用性でサービスをホストすることは小さな仕事ではなく、Mozillaはこれ以上、限られたリソースをこのプロジェクトに割り当てることを正当化できない。われわれは今後、これを円滑かつ確実なやり方で廃止するため、全力を尽くすつもりだ」(Personaの廃止に関するFAQ)

 Personaのコードは今後も「GitHub」で入手できる

 Personaは2014年3月、Mozillaが個人認証関連の開発者を他の分野に配置換えする中で、コミュニティーに託された。

 Mozillaは2013年末までに世界のインターネットユーザー人口の半数にPersonaを提供することを目指していたが、Googleおよび米Yahooと統合したにもかかわらず、同サービスが軌道に乗ることはなかった。

 2015年12月には、Mozillaは「Firefox OS」搭載スマートフォンの開発と販売を中止すると報じられていた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社