お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Kickstarter

全身の触覚を刺激するVRスーツ「Teslasuit」--新たな次元の没入感を

2016/01/05 16:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 仮想現実(VR)ヘッドセット「Oculus Rift」の予約受付が開始されるなど、2016年はVR体験を楽しめる条件が整ってきた。そうしたVRも、クラウドファンディングサービス「Kickstarter」で支援募集中の全身VRスーツ「Teslasuit」を使えば、新たな次元の没入感を味わえそうだ。

全身で感じるVRスーツ(出典:Kickstarter)
全身で感じるVRスーツ(出典:Kickstarter)

 Teslasuitは、全身を覆うボディスーツに電気刺激で触覚を生じさせるデバイスを装着したVRスーツ。複数のデバイスをうまく制御することで、誰かに触れられた感覚、銃で撃たれた感覚、爆発の風圧を受ける感覚などを再現できるという。VRゲームで使えば、これまでにないほど臨場感が高まる。


これまでにない臨場感を体験(出典:Kickstarter)

 触覚の与え方は、「Haptic Editor」「Haptic Player」といったツールでコントロールできる。同ツールを含むソフトウェア開発キット(SDK)は、Windows、OS X、Linux、iOS、Androidといった主要OSのほか、PlayStation、Xboxなどのゲーム機向け環境にも対応している。

さまざまな環境に対応するSDK(出典:Kickstarter)
さまざまな環境に対応するSDK(出典:Kickstarter)

 触覚を生成させるチャンネルの数は、Teslasuitの「Prodigy」エディションが52個、「Pioneer」エディションが16個。さらに、上半身を覆うジャケットタイプの「Jacket」エディション、下半身を覆うズボンタイプの「Trousers」エディションも用意している。両エディションのチャンネル数は、いずれも15個。

エディションによって異なる触覚チャンネル数(出典:Kickstarter)
エディションによって異なる触覚チャンネル数(出典:Kickstarter)

 Kickstarterでの支援受付期間は日本時間2月4日まで。目標金額の25万ポンドに対し、記事執筆時点(日本時間1月5日12時)で集まった資金は約4000ポンド。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社