お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

いよいよWindows 10登場--無償アップグレード方法と各PCメーカーの対応状況まとめ

2015/07/29 00:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 いよいよ7月29日よりWindows 10が公開された。Windows 10では「スタートメニュー」の復活や新ブラウザ「Microsoft Edge」の搭載、生体認証を利用したログイン機能「Windows Hello」、音声でウェブの検索やリマインドの設定ができるパーソナルアシスタント「Cortana」などが目玉となる機能だ。

 今回は、Windows 7/Windows 8.1のデバイスを対象に無償でアップグレードができるとあって、従来よりも新OSが導入しやすくなっている。なお、無料アップグレードの期間は1年間。

「スタートメニュー」が復活したWindows 10
「スタートメニュー」が復活したWindows 10

無償アップグレードを受けるには?

Windows 10の主な機能
Windows 10の主な機能

 無償アップグレードを受けるにはいくつか方法がある。まず、マイクロソフトのテスタープログラム「Windows Insider Program」に参加している人には、優先的に配信されるという。ただし、配信のタイミングは全員一斉というわけではなく、マイクロソフトが状況を見ながら快適にアップグレードできるよう順次配信するとしている。

タスクバー(システムトレイ)のWindowsアイコンから予約できる
タスクバー(システムトレイ)のWindowsアイコンから予約できる
実際にWindowsアイコンをクリックすると、このようなポップアップが表示される
実際にWindowsアイコンをクリックすると、このようなポップアップが表示される

 また、所有するPCまたはタブレットで「無償アップグレードの予約」をした人にも順次配信される。すでに、対象となる、Windows 7 SP1またはWindows 8.1 Updateを使っている人には、タスクバー(システムトレイ)のWindowsアイコンの中に案内が出ているだろう。

 マイクロソフトが混雑状況を見つつ、予約を行ったPC/タブレットの互換性が確認され次第、インストールに必要なファイルがバックグウランドで徐々にダウンロードされる。また、ダウンロードが完了したタイミングでアップグレードができる旨がデスクトップに通知される。

 デスクトップ通知を受け取れた人は、都合のいいタイミングでアップグレードを行えるよう、スケジュールをセットすることもできる。なお、マイクロソフトによればアップグレードまでに最大数週間かかる場合があるとしている。

 もしアップグレードをしたくないならば、「Windows 10 無償アップグレードの予約」を行わなければ、アップグレードされない。そのままにしておけば大丈夫だ。

 このほか、マイクロソフトのウェブサイトからもダウンロードを提供するとしているが、互換性の問題がある可能性があり「推奨しない」という。

 各PCメーカーのサイトでもWindows 10への対応状況を確認できる。日本マイクロソフトのWindows 10 互換性情報のサイト一覧からPCメーカーおよびソフトウェアメーカーの対応状況が見られる。

主なPCメーカーの対応状況まとめ

 なお、下記に主なPCメーカーの対応状況などをまとめた。

ASUS--Windows 10アップグレード対応製品を公開

 ASUSのウェブサイトでは、Windows 10の紹介ほか、アップグレード対応製品の一覧がPDFにて公開されている。

Windows 10 アップグレード 対応製品一覧(PDF)>Windows 10 アップグレード 対応製品一覧(PDF)
Windows 10 MDA Microsites

Acer--Windows 10に関する特設ページを公開

 Acerのウェブサイトでは、Windows 10の機能紹介などが公開されている。対応情報に関しては「Acerのデバイスの多くが無料アップグレードの対象となるが、一部ハードウェア/ソフトウェアの制限が適用される」としている。具体的なモデル名は記載していない。

Acer | Windows 10 Now

NECパーソナルコンピューター--2013年5月以降発表の製品が対象に

 NEC PCのWindows 10へのアップグレード対象製品は、2013年5月以降発表のLaVie(LAVIE)、LaVie Tab W(LAVIE Tab W)、VALUESTAR。ただし、PC-TW710M1S、PC-TW710M2S、PC-TW508BASは、Windows10 アップグレードの動作保証はしないという。また、2013年4月以前に発表したLaVie、VALUESTARは、Windows 10 の動作保証はしない。なお、PCの発表日は121ware.comの商品情報検索ページで確認できる。

121ware.com > サービス&サポート > Windows 10 サポートのご案内

デル--Windows 7およびWindows 8/8.1を搭載モデルをアップグレード対象に

 デルもWindows 10にあわせ、無料アップグレードのサポートページを設けている。「Windows 7およびWindows 8/8.1を搭載したシステムのほとんどで、Windows 10 へのアップグレードが無料で行える」としているが、具体的なモデル名は記載していない。

Windows 10 への無料アップグレード | Dell 日本

VAIO--Windows 8.1プリインストールモデルなど一部の情報を掲載

 ソニーのサポートページでは、一部のモデルについてアップグレード情報を掲載している。また、VAIOのウェブサイトでは、後日VAIOサポートページで公開するとしている。

Windows 10情報 | Windows情報 | パーソナルコンピューター VAIO | サポート・お問い合わせ | ソニー
VAIO(株) VAIO | サポート | Windows情報 | Windows 10 情報

パナソニック--2013年6月以降に発売された機種を対象に

 パナソニックは、2013年6月以降に発売された機種にアップグレードが可能としている。具体的な対象機種はウェブサイトに記載されている。

Windows 10 サポート 評価情報 | パナソニック パソコンサポート

ヒューレット・パッカード(HP)--出荷中のWindows 7/Windows 8.1はWindows 10向けに設計

 HPは、2015年モデルはすでにWindows 10向けに設計されており、容易にアップグレードが可能になるとしている。具体的なモデル名は記載していない。

HPニュース-HP PCのWindows 10対応について

富士通--2012年10月発表モデル以降の一部モデルが対象に

 富士通のWindows 10へのアップグレード対象製品は、2012年10月発表のモデルから現在まで、幅広い。ただし、対象機種であってもWindows 10へのアップグレード後に、一部に利用できない機能やソフトウェアがある可能性があるとしている。

Windows 10アップグレード対象機種について - FMVサポート : 富士通

マウスコンピューター--無料アップグレード対象のPCを公開

 マウスコンピューターのウェブサイトでは、Windows 10無料アップグレード対応PCをまとめている。アップグレード手順や必要なドライバー、ソフトウェアについては、7/29以降、準備ができ次第サポートページにて公開するとしている。

Windows 10 無償アップグレード|BTOパソコンの通販ショップ マウスコンピューター

東芝--2014年5月以降発表の機種を対象に、2013年7月以降発表のものも確認中

 東芝は現在、2014年5月以降発表の機種を対象としているが、2013年7月以降発表の機種もサポート対象とする予定で確認作業を進めている。確認作業の結果によっては、注意・制限事項が発生したり、サポート対象外になったりする場合があるという。詳細については現在確認中だ。

dynabook.com | サポート情報 | Windows 10 アップグレードサポート対象予定機種について
dynabook.com | サポート情報 | Windows 10 アップグレードに関する注意事項について

レノボ--ウェブサイトで動作検証済み製品を紹介

 レノボは、Windows 10アップグレード動作検証済みのLenovo製品についてウェブサイトで紹介している。リストは随時更新される。

Windows 10/8.1 アップグレード関連リンク集 - Lenovo Support (JP)
WINDOWS 10 アップグレード対象製品 - Lenovo Support (JP)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社