お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アップル、「Android」向け「iTunes Store」アプリを検討か--「Spotify」対抗サービスでも交渉中の可能性

2014/03/22 10:55
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Appleがオンデマンドの音楽ストリーミングサービスの提供開始に向け、音楽レーベル数社の上級幹部らと交渉中だと、Billboardの記事が伝えている。このサービスは、「Spotify」や「Beats Music」と競合するサービスになるという。Billboardは3人の匿名情報筋の話として、「予備的交渉」は現在、ごく初期の段階にあると報じている。

 また、この報道では、Appleが「Android」向けの「iTunes Store」アプリを開発し、自社サービスを敵陣に向けて提供することを検討していると伝えている。米CNETはAppleにコメントを求めているが得られていない。

 こうした考察は、iTunesが試練の時期にある中で出てきている。Nielsenによると、同プラットフォームからのダウンロード数は米国時間3月9日の週から13%減少しており、デジタル楽曲の売り上げは2013年と比べて11%減少している。

 iTunesのダウンロード数が減少した一方で、Spotify、「Pandora」、さらには「YouTube」といったストリーミングサービスは着実に足場を得ている。全米レコード協会による最近の調査(PDF)によれば、ストリーミングサービスは、サブスクリプション、広告、ライセンシング関連の売上高が米国において14億ドルとなり、2012年から39%上昇している。対照的にダウンロードは、売上高が29億ドルまで低下し、3.2%下落している。


提供:James Martin/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社