お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

「iOS 6」、「Google Maps」に代わる新しい地図アプリを搭載か

2012/05/12 09:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ある報道によると、Appleが2012年後半に公開する「iOS 6」に、新しい「Maps」アプリケーションが搭載されるかもしれないという。

AppleのiOS上におけるGoogle Maps AppleのiOS上におけるGoogle Maps
提供:Screenshot by Matt Elliot/CNET

 Appleは、「Google Maps」の代替アプリケーションをひそかに開発中であり、このアプリケーションはiOS 6に搭載されるという。Appleファンサイトの9to5Macが米国時間5月11日、「信頼できる」情報筋の話として伝えた。9to5Macによると、新しいMapsアプリケーションは、iOSプラットフォーム上のGoogle Mapsに置き換わるもので、従来よりも「ずっと鮮明、高速で、さらに信頼性の高いエクスペリエンス」になっているという。

 Google Mapsと同様に、Appleの新しいMapsアプリケーションはナビゲーションを提供したり、地図上の場所をピンポイントで表示したりすると9to5Macは述べている。さらに、「StreetView」に似たエクスペリエンスと、よりリアルな方法で場所を表示できる3Dモードが採用されるとしている。

 過去数年にわたって、Appleは地図アプリケーション開発企業数社をひそかに買収しており、9to5Macによると、こうした企業が新しいMapsアプリケーションの開発に従事しているという。Appleが2011年に買収したスウェーデンのC3 Technologiesという企業が3D機能の開発に従事しているのに対し、同社が最近買収したPlacebaseやPoly9といった他の企業は、データベースやナビゲーションといった機能の開発に取り組んでいる可能性がある。Appleがマッピングサービスを獲得する目的で2009年に買収したPlacebaseは、Google Mapsとよく似た機能を持っていた。

 Appleはゆっくりだが、確実にGoogle Mapsを押しのけようとしている。Appleは2012年3月、iOSアプリケーションの「iPhoto」で使用する地図データをGoogle Mapsから「OpenStreetMap」に切り換えた。しかし、同社がこの変更を認めたのは5月に入ってからだった

 米国太平洋時間午前11時31分の更新情報:All Things Digitalは「独自に確認した」話として、Appleが実際にGoogle Mapsの置き換えをMapsで取り組んでいると伝えている。All Things Digitalの情報源は、その機能について、「衝撃的」なものになると述べたが、それ以上の詳細は明かそうとはしなかった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社