お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米政府機関で中国製の偽造ネットワーク機器を3500台発見--FBI捜査

2008/05/12 12:58
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦捜査局(FBI)は米国時間5月9日、米国政府に売られた中国製ネットワーク機器の調査をした結果、3500台(350万ドル相当)が偽物であることが分かったと発表した。

 Operation Cisco Raiderと呼ばれる今回の調査は、ハッカーたちが偽造されたネットワーク機器を使って政府のデータベースにアクセスしようとしているとの懸念に基づき、実施された。だが、ある米国政府関係者はReutersの取材に対し、FBIが発見したネットワーク機器によって、政府コンピュータシステムが脆弱になっていたとは考えられないと、述べている。

 偽造ネットワーク機器の製造や流通を阻止するためのFBIの取り組みが書かれたPowerPointのプレゼンテーションが1月、Abovetopsecret.comに投稿されたことから、このたびの調査の存在が明らかになった。

 FBI Cyber DivisionのアシスタントディレクターJames Finch氏は声明で「この資料はインターネットに投稿したり、広く配られたりする目的で作られたものではなかった」と述べている。

 FBIによると、Operation Cisco RaiderはFBIの9カ所の事務所を対象に15件の調査を実施し、39件の家宅捜査を実施したという。逮捕者の有無は明らかにされていない。

 Reutersによると、偽造されていた機器にはCisco Systemsのルータやスイッチ、インタフェースコンバータ、WAN用インターフェースカードなどがあるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社