お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

シマンテック、仮想マシンの管理簡素化製品を機能強化

2007/09/28 19:36
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは9月28日、VMware環境における生産性を強化し、データセンターにおける仮想マシンの管理を簡素化する「Veritas Cluster Server for VMware ESX」ソリューションと「Veritas Application Director」ソリューションの機能強化を発表した。

 Cluster Server for VMwareは、アプリケーション、ゲストOS、仮想マシン、仮想リソース、物理サーバ、下層のストレージの状態を監視することで、仮想マシン内のアプリケーションの保護を強化する製品。これらのいずれかに障害が発生した際には、アプリケーションと仮想マシンが自動的に他の物理サーバにフェイルオーバーし、処理が引き継がれる。

 今回の機能強化により、Cluster Server for VMwareはMicrosoft Exchangeなどの基幹系の業務アプリケーションの環境に対するサポートを拡充したほか、データの複製に対するサポートを拡充して、ディザスタリカバリ(災害復旧 )の能力を強化している。

 Application Directorは、ヘテロジニアス(異種混在)な環境全体を対象に、いつどこでアプリケーションと仮想マシンを稼働させるかを制御し、サーバリソースの利用を最適化する製品。機能強化により、リソースの利用を追跡し、仮想マシンの起動、停止、サイズ変更を行い、利用水準を改善できるほか、総合的な管理も容易に実現することが可能となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社