お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

海賊版販売男性を逮捕、ACCSのウェブサイトで毎日情報収集

2007/09/28 19:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 社団法人 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は9月27日、権利者に無断で複製したコンピュータソフトを、自らが運営するウェブサイトを通じて販売していた男性が逮捕されたと発表した。

 大阪市住吉区の職業不詳39歳の男性を北海道警生活経済課と岩見沢署が9月26日、著作権法違反の疑いで逮捕した。男性は、平成19年7月27日ごろの前後2回にわたり、ジャストシステムが著作権を有する「花子2007『書籍セット』」、メガソフトが著作権を有する「MIFES8」を無断で複製したCD-R2枚を、北海道岩見沢市の男性他1人に対し代金引換郵便にて計3000円で販売していた。

 男性は、短期間でウェブサイトの閉鎖と開設を繰り返し、ビジネスソフトの海賊版販売を行っていた。また男性は、ACCSのウェブサイトを毎日閲覧し、平成19年6月19日に大阪市在住の男女3人が逮捕されたニュースや、著作権法が改正され7月1日から罰則が強化されたことを確認していたという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社