お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米ヤフー、メッセンジャーの脆弱性を再度修正

2007/08/31 10:44
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Yahooは米国時間8月30日、同社インスタントメッセンジャー(IM)の非常に深刻な脆弱性に対処するパッチを公開した。同社は、わずか1週間前に同製品用のセキュリティアップデートを公開したばかりだった。

 今回のケースでは、Yahoo Messengerのインストーラと通常一緒にダウンロードされるYahooサービススイートの一部である「ActiveX」コントロールに脆弱性が見つかっている。この脆弱性はユーザーが悪質なウェブサイトを訪問すると悪用され、バッファオーバーフロー攻撃の引き金となり、任意の実行コードが起動される可能性がある。

 Yahooはユーザーに対し、バージョン8.1.0.419へのアップデートを呼びかけている。対象は、29日以前のバージョンを利用しているユーザー全員となっている。

 現時点においてYahooは、この脆弱性を悪用したケースを確認していない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社