お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

シマンテック、新たな企業向けセキュリティサービスを発表へ

2006/12/13 18:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Symantecは米国時間12月13日、企業に自社のデータ保護とウイルス管理サービスを提供する、新たな2つのサービスを正式に発表する計画だ。

 Symantec Operational Servicesでは、SLA(サービス品質保証契約)に従って、Symantecが有料で顧客のデータ保護などのITセキュリティ機能を管理する。このサービスでは、Symantecの技術、あるいはサードパーティーの技術を使用することができる。また、顧客は、自社でサービスを受けるか、遠隔から受けるか、あるいはその両方の組み合わせるかを選択できる。

 Symantec Residency Servicesは、セキュリティコンサルティングサービスを企業に有料で提供するプログラムとなる。コンサルタントは顧客企業内のITチームの一部として機能し、データのバックアップ/復旧、データ保護対応の評価、非常事態への対応能力の評価などの分野に力を注ぐ。

 Symantecによると、両サービスが提供するデータ保護機能はすでに同社が世界で提供しているものという。Symantecはすでに「Symantec Antivirus Residency Services」の運行を開始しており、2007年には他の機能も提供する予定という。

 同社が発表する2つのサービスは、Symantec Global Servicesより提供される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社