お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

リアルネットワークス、会員向けセキュリティパッケージに新たな製品を追加

2006/11/17 17:45
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メディアプレーヤー「RealPlayer」で知られるRealNetworksは米国時間11月16日、同社のセキュリティツールに新たなサードパーティ製セキュリティ製品を追加することを発表した。

 RealNetworksは、同社のサブスクリプションサービスの一環として、複数のサードパーティ製セキュリティ製品を提供している。そして今回、同社の「Real Broadband Essentials」パッケージに新しくPCメンテナンスツール、ペアレンタルコントロールなどの製品が加えられた。

 RealNetworksのプロダクトマネージャーMatt Calder氏は同日、「われわれのサービスはエンターテインメント要素の強いもので、サブスクリプション顧客に安全性も提供したいと思っている」と語った。

 Realは2006年5月、「SuperPassBroadband Essentialsを開始した。セキュリティ製品には、McAfeeのファイアウォールとウイルス、およびスパイウェア対策ソフトウェア、Pure Networksのホームネットワークツール「Network Magic」、IoloのPCチューニングツール、ContentWatchのペアレンタルコントロール製品が含まれている。

 同サービスを利用しているユーザーは、トライアル版ではなく、各セキュリティ製品の完全版を利用できる。プレミアムコンテンツにアクセスできるSuperPassサービスの料金は月額14.99ドルで、Broadband Essentialsのみの場合は月額12.99ドルとなる。両製品とも、メディアプレーヤー「RealPlayer Plus」が含まれる。

 自社ユーザーにセキュリティ機能を提供する企業は、Realだけではない。AOL、Comcast、EarthlinkなどのISPも基本的な保護機能を提供しており、多くは無償となっている。Googleは「Google Pack」で、Symantecの「Norton AntiVirus」とLavaSoftのスパイウェア対策ツール「Ad-Aware」などのトライアル版を提供している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社