お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

FIFA対ハッカー、W杯を巡るもう1つの戦い

2006/06/09 16:53
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 待望のドイツワールドカップ開幕が近づいてくるにつれて、ハッカー達が同大会のネットワーク設備に攻撃を仕掛けてくるだろうとFIFAのネットワーク関連技術パートナーであるAvayaは予想している。

 Avayaでヨーロッパ、中東、アフリカ地区担当ビジネスデベロップメントマネージャーを務めるRoger Jones氏は、DoS攻撃が同大会ネットワークサービスに対して再び仕掛けられるだろうと予想する。これまで、2002年ワールドカップ、2003年女子ワールドカップ、そして、2006年ドイツワールドカップの前哨戦となったコンフェデレーションズカップのネットワークサービスに対してDoS攻撃が仕掛けられたが、不成功に終わっている。

 ただし、Jones氏は米国時間6月8日、「現時点では(DoS攻撃の)兆候はない」と述べた。同氏は、善意のハッカーに依頼してネットワークの堅牢性を検証しているともジャーナリストらを前に語っている。

 ワールドカップを主催するFIFAのITソリューションズ部門でトップを務めるMike Kelly氏によると、技術パートナーであるAvayaとDeutsche Telekomからなるセキュリティチームは、一連のシナリオを想定して、ネットワークの回復力を検証する広範囲なテストを実施しているという。

 FIFAが保持する情報である、同大会で使用される身分証を発行するために集められた詳細な個人情報について、Kelly氏はその価値の高さを認識している。

 Kelly氏は短い会見に答え、FIFAとパートナー企業はあらゆる手段を講じて攻撃を防ぐ「絶対の自信がある」と述べた。

 Jones氏によると、ドイツのミュンヘンにある同大会IT指令センターには、ネットワークセキュリティ専門家が常時待機しているという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社