お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

シマンテックがノートン新版を発表--セキュリティ状態の一元表示機能を搭載

2005/09/30 20:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは9月30日、個人向けセキュリティソフト「ノートン2006」シリーズを発表した。10月14日から順次発売する。

 発表されたのは、ウイルス対策ソフト「ノートン・アンチウイルス2006」とファイアウォールソフト「ノートン・パーソナルファイアウォール2006」、これら2つのソフトをまとめた「ノートン・インターネットセキュリティ2006」の3製品。

 3製品にはいずれも、PCのセキュリティの状態を一元的に管理する機能「プロテクション・センター」を搭載されている。プロテクション・センターはメールやインスタントメッセンジャー、オンラインゲームを利用している際のセキュリティ状態も表示するほかに、ハードディスクの断片化率などPCのパフォーマンス状態も表示する。

 米Symantecのコンシューマプロダクト・ソリューションで製品管理担当シニア・ディレクターを務めるローラ・ガルシア−マンリケ(Laura Garcia-Manrique)氏は、「セキュリティ対策が必要だという意識は高まっている。しかし、ボットやスパイウェア、フィッシング、スパムなど多くの“悪意のあるソフト”によって、多くのユーザーは混乱している」と現在のPCユーザーが置かれる状況を説明した。

 そのために自分のPCが安全なのか同かを確認するために「いくつもの製品のユーザー・インターフェースを行ったり来たりしなければならない」(ガルシア−マンリケ氏)。ガルシア−マンリケ氏はプロテクション・センターについて「こうしたセキュリティ対策上での混乱を解決するために、ユーザーが知るべき情報を1ヶ所に集約した」ものと説明している。

 アンチウイルス2006とパーソナルファイアウォール2006はいずれも7140円。インターネットセキュリティ2006が8925円となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社