お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ワールドカップファンを狙うフィッシングに注意、FIFAが警告

2005/09/29 14:35
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サッカーのワールドカップを主催するFIFAは今週、インターネット詐欺団がFIFAの名を不正にかたり、世界規模でフィッシングを展開していると警告した。

 FIFAによると、複数のグループが、FIFAとの関連を主張する偽の電子メールを配信しているという。公式と見せかけた電子メールは、くじにあたったので、賞金を振り込むための銀行口座番号などの個人情報を提供するように求めているという。

 スイスに本拠地を構えるFIFAは、現地時間27日に発表した声明文で、「これらのくじはFIFAと何の関係もないし、認可を受けたものでもない」と述べている。

 FIFAはまた、くじが運営されていることになっている南アフリカ、スペイン、英国などの地域において、詐欺に注意するよう、関係機関に警告を出したことも明らかにした。

 セキュリティ企業のSecurityFocusはつい先日、欧州居住者を狙うフィッシング計画が増えているとして警告を出していた。数カ月前にも、2006年ワールドカップの無料チケットを約束する内容の電子メール経由でウイルスが広がった事件が起こっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社