お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Mac OS Xのセキュリティアップデートが公開に--10件の脆弱性を修正

2005/09/26 14:50
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Apple Computerは、Mac OS Xに見つかった10件の脆弱性を修正するパッチをリリースした。セキュリティ専門家らは、これらの脆弱性の深刻度を「重大」に分類している。

 Appleはこれらのパッチを米国時間22日に公開した。これらのパッチで修正される脆弱性は、Mac OS Xのv10.3.9とv10.4.2ならびにMac OS X Serverのv10.3.9とv10.4.2に影響する。

 SymantecとFrench Security Incident Response Team(FrSirt)はともに、これらの脆弱性が深刻なものであり、緊急にパッチを適用する必要があると述べている。ただし、これらを悪用する攻撃はまだ報告されていないと、Symantecは23日に同社のDeepSightサービス加入者に送ったアラートのなかに記している。

 Appleが公開した情報によると、これらの脆弱性を悪用された場合、任意のコマンドを利用したリモートからの攻撃を受けたり、電子メールが傍受されたりする可能性があるという。またFrSirtの勧告によれば、一部の脆弱性がサービス拒否(DoS)攻撃に利用される恐れがあるという。

 アップルは、このセキュリティパッチについてのコメントを差し控えた。

 同社は以前にも、これらのバージョンのMac OS Xを修正するパッチをリリースしたことがある。先月には、過去最大級となる44件の脆弱性を修正するパッチを公開。また5月には20件の脆弱性を修正するアップデートを、さらに3月にも十数件のセキュリティバグに対応するアップデートをそれぞれ公開している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社