お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

RSA、認証サーバソフトRSA Authentication Manager 6.0をSolaris対応に

2005/03/08 13:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 RSAセキュリティは3月8日、認証サーバソフトウェアRSA Authentication Manager 6.0について、Sun Solaris対応版の販売を開始した。Windows対応版は2004年10月28日より販売している。

 RSA Authentication Managerは、ワンタイムパスワード生成カードであるRSA SecurIDからの認証要求を処理するソフトウェア。通常時に認証処理を行うプライマリサーバに加え複数のレプリカサーバを配置しておくと、処理の増加や通信/ハードウェア障害時に、プライマリサーバの認証処理をレプリカサーバに代行させることができる。

 Solaris対応版では、米VERITAS SoftwareのクラスタリングサーバCluster Serverと併用することで、ハードウェア障害発生時に認証処理を継続するシステムも構築可能。

 対応OSは、Microsoft Windows Server 2003/2000 Server(SP4)/2000 Advanced Server(SP4)と、Sun Solaris 8/9。

RSAセキュリティのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社