お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

武富士、フィッシング対策で全社員のメールに電子署名を付加

2004/11/29 14:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 武富士は、フィッシング詐欺対策として同社社員/スタッフの出す全電子メールに電子署名を施す。武富士が11月29日に明らかにしたもの。日本ベリサインの電子認証局構築サービス「ベリサインマネージドPKIサービス」を導入し、年末を目標に署名付加を実施する。

 武富士はベリサインマネージドPKIサービスを利用し、全社員/スタッフに配布する電子証明書を発行するための認証局を構築する。今後、社員などが送信するすべてのメールには、この認証局から発行される電子証明書による電子署名を付加する。

 メールの受信者は、S/MIME対応メールソフトウェアを用いると、電子署名を検証できる。発信元が武富士の社員/スタッフであることを確認できるとともに、内容の改ざんが通信経路途中で行われたかどうかも確かめられる。「当社社員の名をかたった“なりすましメール”であると判断することが容易になり、フィッシング詐欺被害の軽減につながる」(同社)

武富士のプレスリリース
日本ベリサイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社