お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

第2四半期、最も多かったハッカー攻撃はIEの脆弱性を利用したもの--英調査

2004/11/04 11:56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブセキュリティ会社ScanSafeの調査結果から、第2四半期に最も多かったハッカー攻撃は、Microsoft Internet Explorer(IE)の脆弱性を利用したものだったことが明らかになった。

 ScanSafe(本社:英国・ロンドン)によると、第2四半期は、IEのセキュリティ欠陥を利用してコンピュータに悪質なプログラムをダウンロード・インストールしようとする「Exploit.HTML.Mht」による攻撃が最も多かったという。この攻撃を受けた組織の数は、他の攻撃の2倍近くに上っていたと、ScanSafeは述べている。

 「われわれが驚いたことの1つは、脅威の増加率だ。四半期ごとに15%ずつ増えており、脅威は実に増大している。最初に悪用されるのはブラウザの脆弱性だ」とScanSafeのディレクターRoy Tuveyは述べる。

 ScanSafeの調べで、ウイルス攻撃の21%は水曜日に、6%が週末に発生していることが分かった。ScanSafeでは、ウイルスの大半は週末に出現して、平日の間に広まることをこの理由に挙げている。

 トロイの木馬やワームは重大な脅威となっているが、これらは全攻撃のうちの19%だったとScanSafeの研究者らは述べている。また、スパイウェアは全体の12%だけだった。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社