お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Windowsの「重要」な脆弱性、実は「緊急」の可能性--専門家が指摘

2004/07/15 09:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは13日(米国時間)に、月例のパッチリリースのなかで7つの脆弱性についての発表を行ったが、セキュリティ専門家らは、これらの脆弱性を悪用する新たなワームやウイルスの大量発生に備えている。

 今回発表された脆弱性のうち、特にWindows Shell(MS04-024)は、今後ワームやウイルスのターゲットとされる可能性があると、セキュリティ複数の専門家から指摘されている。

 Microsoftは、Windows Shellのバグについて深刻度を「重要」としている。だが、このバグは最も深刻なレベルの「緊急」にあたる脅威だと、セキュリティ調査会社eEyeのシニアセキュリティエンジニア、Ben Nagyは述べている。

 Microsoftによると、MS04-024の脆弱性があるPCにユーザーが管理者特権でログインしている場合、「この脆弱性で、プログラムのインストール、データの表示、変更、削除、または完全な特権を持つ新しいアカウントの作成など、影響を受けるコンピュータが攻撃者により完全に制御される可能性がある」という。

 しかし、ユーザーが「重大な操作」を行わないかぎり、この脆弱性が悪用されることはないとして、Microsoftはこの問題に「緊急」の評価を与えていない。つまり、ユーザーがメールの添付ファイルを開いたり、悪質なウェブサイトからファイルをダウンロードしたりしなければ、問題は起こらないということだ。

 セキュリティ業界グループISSA UK会長のRichard Starnesによると、悪質なソフトウェアの作者は通常、欠陥を悪用するためにMicrosoftのパッチにリバースエンジニアリングをかけるという。Starnesはこれまでに見つかった脅威の経験をふまえ、今回発表された脆弱性を悪用する最初のコードが来週にも出現すると予想している。こうしたコードは、メール添付ファイルで送られるワームの作成に利用される可能性が高い。

 「コードの複雑さにもよるが、最近の傾向を考えるとおそらく5〜7日で悪質なコードが出回り始めるだろう。こうしたコードはローカルで実行されなければならないため、LoveBugのような振るまいをするものになりそうだ」(Starnes)

 eEyeのNagyも、この脆弱性を悪用するために、ウイルスがメールの添付ファイルの形で配信される可能性が最も高いとしている。しかし同氏は、この脆弱性を他の攻撃方法と「組み合わせて」悪用する者が出てくる可能性もあると指摘した。

 「この脆弱性がSasserやMSBlastのようなタイプのワームになるとは思わない。だが複合型の脅威も多数存在することから、これが他の脆弱性と組み合わせて悪用されるおそれはある」(Nagy)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社