お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ネットワールド、LAN上のPCのパッチ適用を管理するソフトを発売

2004/06/16 15:54
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットワールドは6月16日、MBSAやHfNetChkなどの開発元である米Shavlik Technologiesと総代理店契約を結び、組織内のシステムにセキュリティパッチを配布/適用するツール「HFNetChkPro4日本語版」の販売を同日開始すると発表した。税込み価格は34万6500円(100ノードを管理対象とする場合)から。出荷開始は7月20日の予定。100以下のシステムを管理対象とする場合のライセンスについては、ネットワールドのオンラインショップでの販売が予定されている。

 組織内でウイルスのまん延などを防ぐには、すべてのシステムにセキュリティパッチ適用を徹底する必要がある。しかし、利用者個人に作業を任せていると適用漏れなどが発生するため、システム管理者の負担が増大してしまうという。

 HFNetChkPro4日本語版を使用すると、管理対象の全Windowsシステムについてパッチ適用状況を遠隔チェックしたうえで、各システムに適切なパッチをプッシュ方式で配布し、自動的に適用させる。「すべての操作をGUIによるドラッグ&ドロップで簡単に行うことができ、充実したレポート機能を備えているため、管理対象システム数が多い大企業でもシステム管理者の負荷を大幅に軽減する」(ネットワールド)。パッチ配布用のエージェントは不要なので、導入時の負荷も低減されていると言える。また、Microsoft Officeの管理者インストールポイントに対応しており、CDメディアへのパス要求も発生しない。パッチ配布時には使用帯域制御やスケジュール配信を行い、ネットワーク負荷増大による支障が生じないようコントロールできる。

 管理対象となるソフトウェアは、Windows NT 4.0、2000、XP、Server 2003のほか、Exchange Server、SQL Server、Java VM、MDAC、ISA Server、Windows Media Playerなど。

 今後、ネットワールドはShavlikと協力し、製品の日本語版開発、国内でのマーケティング/販売活動、導入ユーザーへのサポート/サービスなどを行うとしている。

ネットワールドのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社