お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

トロイの木馬「Phatbot」に新亜種出現

2004/04/20 09:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Phatbotワームの新亜種が出現し、SQL Serverポートを攻撃しようとしているようだと、SANS Instituteが19日(米国時間)に警告を発した。

 Phatbotは、3月に流行したWindowsシステムを攻撃するトロイの木馬で、感染したコンピュータを地下組織のネットワークに接続し、スパムを送信したり、攻撃を仕掛けたりするのに利用する。SANSは現在、Phatbotをさらに分析するため、データ(実行可能ファイル)の全パケットを入手しようとしているところだ。

 SANSの報告によると、このワームはTCPポートの2745番、1025番、3127番、6129番、5000番、80番、1433番と、MicrosoftのNetBIOSを調べるという。

 「1981番ポートのトラフィック増は、Phatbotの別の亜種に関連している可能性もある」とSANSは「Handler's Diary」コーナーに記している。

 Phatbotが利用しているPtoP技術は、ネットワークの中央に命令センターがないため、Phatbotの駆除がより困難になっている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向け に編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社