お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、iPhone向け「Google Voice」をウェブアプリとして提供へ--New York Times報道

2009/08/10 12:27

 AppleはGoogleがiPhone App Storeで「Google Voice」を提供することを認めなかったが、New York Timesによると、Googleは同アプリケーションをウェブベースのアプリケーションとして作り直すことを計画しているという。

 David Pogue氏は米国時間8月7日、AppleとGoogle Voiceをめぐる現在進行中の出来事に関するコラムで、Googleがすでに抜け道を見つけていることを明らかにした。

 Googleはすでに、Google Voiceアプリケーションの代替の準備を進めていると述べている。この代替は、「iPhone」に特化したウェブページという形態になることを除けば、Appleに拒否された同アプリケーションと全く同じ機能を提供する。代替品は、どの点から見ても、Google Voiceアプリケーションができただろうことと全く同じように動作する。iPhoneのホーム画面にアイコンとしてインストールすることさえ可能だ。

 Google Voiceは、ユーザーが指定した単一の番号で自宅と職場の電話機、携帯電話に電話をかけることのできる無料のアプリケーションである。ボイスメールを文字に起こしたものを受け取ることも可能だ。Google Voiceを使えば安価で国際電話をかけたり、無料でテキストメッセージを利用したりできるため、同アプリケーションをブロックするという決定には裏でAT&Tが関与しているとの憶測もある。

 Google Voiceをウェブアプリケーションとして利用できるようにするだけで、Appleの考えが変わるかどうかは定かではないが、そうした前例は存在する。AppleはGoogleのiPhone向け「Latitude」についても、ウェブアプリケーションとして作り直されるまで拒否していた。

 Googleの広報担当者は、同プロジェクトがどれほど完成に近づいているのかについてはコメントしなかったものの、これまで通りの次の声明を繰り返した。「われわれは、今後もiPhoneユーザーにサービスを提供する取り組みを続けるつもりだ。一例を挙げると、モバイルブラウザの進化を利用したものを提供したい」(同社広報担当者)

この記事は海外CBS Interactive発の記事をシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 原文へ

PRSpecial

なぜ、ここまでグループウェアの社内提案は難しいのか

グループウェアに立ちはだかる、見えない「思い込みの壁」とは?
疑問を整理し、思い込みを解消するポイントを紹介

アウトドアグッズ

アウトドアグッズ
BBQや山登りなど自然の中に出かけよう

メンズスタイルブック

メンズスタイルブック
自分にぴったりのスタイルを見つけよう

タブレットPC特集

タブレットPC特集
プライベートにもビジネスにも大活躍

最新デジカメガイド

最新デジカメガイド
最新デジカメ情報が満載!見逃せない

スマホアクセサリー

スマホアクセサリー
ケースや便利アイテムなど続々ご紹介

G-SHOCKが大集合

G-SHOCKが大集合
タフ&高性能。色々なシーンに頼れる腕時計

特集 by 楽天市場

-PR-企画特集

企画特集一覧

注目コンテンツ

本日の主要記事

注目のキーワード

個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社