お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

mixiが招待制廃止、15歳以上から参加可能に--「mixiアプリ」提供も

2008/11/27 15:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ミクシィは11月27日、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「mixi」の利用制限を緩和することを発表した。12月10日からは15歳〜17歳のユーザーもmixiを利用できるようになり、2009年春には招待制を廃止する。またmixi Platformを開放し、12月11日にパートナー向けに「mixiアプリ」のベータ版を提供する。

 年齢制限の引き下げにより、これまで18歳未満のユーザーは登録することができなかったが、15歳〜17歳でもmixiを利用可能になった。ミクシィでは、ユーザーサポート体制を強化するほか、青少年のユーザーに、ふさわしくない広告を表示しない、コミュニティ機能と検索機能を使えない、検索結果に表示されないようにするなど、健全性を高めるための施策を実施していくという。また、新規登録時の生年月日登録も必須化する。

ミクシィ代表取締役社長の笠原健治氏ミクシィ代表取締役社長の笠原健治氏

 登録制導入は2009年春から実施し、従来の招待制も併用していく。mixiがこれまで招待制を敷いてきた理由は、「誰かに誘われたほうがスムーズにmixiを楽しめる」(ミクシィ代表取締役社長の笠原健治氏)というものだった。

 同氏はこれをカバーするため、「mixi内に当初知り合いがいなくても、リアルの友人とつながれる機能を強化する。来春までにさらにソーシャルグラフをスムーズに作れる機能を提供する予定。そちらをしっかり行った上で登録制を導入する」方針であると語った。

 一方で招待制のデメリットとして、地方の在住の人、35歳以上の人にアプローチできなかった点を挙げた。登録制になることによってこういった層のユーザーにもmixiを使ってもらえるようになると期待しているという。

 登録制の導入により複数のアカウントを持つユーザーが出てくるという懸念点については、新規登録時の携帯電話端末認証を継続していくことで対応する。現状、mixi内の友人である「マイミクシィ」数がゼロで一定期間が経過すると強制的に退会となるが、この仕組みも継続していく。ただ退会までの期間は延長される予定だという。「マイミクゼロのままmixiを使い続けるのは好ましくない。登録制導入後もmixiとしてのコンセプトはいままでと変わらない」(笠原氏)

 「当初招待制だったFacebookも、一段落すると登録制に移行した。mixiも5年間で招待状が普及したのではないか。登録制の併用は自然な流れ」と笠原氏は述べた。

 mixiのサービスを外部パートナーと共同で構築する仕組み「mixi Platform」の開放も本格化する。8月から認証サービス「mixi OpenID」を開始していたが、12月11日にはmixi内にサービス、アプリケーションを開発できる「mixiアプリ」のパートナー向けベータ版を提供する。

 さらに2009年春にはmixi以外のサービス、アプリケーション、端末において、mixiのデータを活用して付加サービスを提供できる「mixi Connect」を提供する予定だ。11月から開始している年賀状サービスもmixi Connectを利用したものだという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社