お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

AP通信、ブログの記事引用に関する方針を撤回

2008/06/23 18:46
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Associated Press(AP)はどうやら、同社のニュース記事を引用した責任をブロガーらに負わせる考えを完全に撤回したようだ。APは現在、Drudge Retortに「情報を提供」できたことに満足しているようにも見える。以下は、PaidContentに掲載されたAPの声明の全文だ。

 「APのコンテンツがDrudge Retortサイト上で使用されたことに関する質問の回答として、APは米国時間6月19日に同サイトの管理者であるRogers Cadenhead氏に追加情報を提供した。この情報は、Cadenhead氏が同サイトに投稿されたコンテンツを、同氏が先に設定した投稿者向けのポリシーに適合可能にすることにある。AP、Cadenhead氏はともに、この問題はこれで打ち切りだと考えている」

 「さらに、APは今週、ニュースプロバイダーとブロガーとの間の関係について、ブログコミュニティーの多くの利害関係者らと建設的な意見の交換を行った。今後もこうした対話は継続していく。今回の問題解決によって、ニュースプロバイダーの知的所有権を尊重したとしても、ブロガーの利益は満たされるということが明らかになった」

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社