お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、Gmailの新機能のテスト提供を開始へ

2008/06/06 08:20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 カリフォルニア州マウンテンビュー発--Googleは米国時間6月5日、「Gmail」サービスに追加を検討している新機能を試してみるように、ユーザーに対して呼びかける。

 GmailプロダクトマネージャーであるKeith Coleman氏は、当地で開かれた記者会見にて、太平洋夏時間午後6時から、Gmailの設定ページに表示される「ラボ」タブ内の13の新機能を、自由に選んで試用できると発表した。

 「このアイデアの根底にあるのは、自分がしたいと願うことは何でも行って、何千万人ものユーザーと共有し、フィードバックを得られるという点である」と、Coleman氏は述べている。また、人気のある機能は、Gmailに正式に統合される予定である。

 試用可能となる新機能には、以下のようなものがある。

  •  特定のGmailメッセージをブックマークできるクイックリンクツール。
  •  電子メールに付けるラベルを、カスタムメイドの星印からチョイスできるスーパースターツール。
  •  電子メールアカウントから15分間の強制ログアウトを行える「電子メール中毒防止」ツール。
  •  フォーマットの問題を解決するのに役立つ、等幅フォントの文字でメッセージを閲覧可能なフォント幅固定オプション。

 少なくとも現時点では、Googleの正規エンジニアだけが、機能の追加を行える。Coleman氏は「どのエンジニアでも、ラボ機能をコード化することができる。コードが書かれ、その大部分が機能すると確認できれば、(ラボ機能によって)ユーザーが試せるように、次の製品ビルドに組み込まれることになる」と語った。

 とはいえ、結局のところGoogleは、外部のコードを統合可能になれば、社外の人々にも同システムを開放していきたいと考えている。

 「もっと多くの人が、このシステムを活用できるように仕上げていきたい。そのためには、異なるレベルのインターフェースを持たせていくことも必要となる。われわれはユーザーとともに、よりスピーティーに製品のテストを重ねられるようにすることを願っており、その上でも、これは興味深い手法である」と、Coleman氏は述べた。

 今のところGoogleは、追加される機能に関しても、かなり寛容な見方を持とうとしているようだ。

 新機能のコードは、基本的なレベルでは綿密にチェックされているものの、さらに深いレベルでのテストをパスしたわけではない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社