お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル幹部、デスクトップOSの開発計画を否定

2008/04/24 15:28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleはこれまで、デスクトップOS市場に参入することについて前向きな姿勢を示したことがなかった。だが、このところ、「Android」プロジェクトで携帯電話向けOSを推進しようとしていることもあり、デスクトップOSについても見解を改めたのではないかと見る向きがある。

 答えは、ノーだ。

 「GoogleでデスクトップOSに関する計画はない」と、検索製品および利便性の向上担当副社長であるMarissa Mayer氏が米国時間4月23日、Michael Krasny氏がホストを務める米放送局KQEDの「Forum」で語った。

 Forumは視聴者が電話で参加するラジオ番組で、上記のMayer氏のコメントは、Googleのオープンソースへの取り組みを賞賛するという番組視聴者が電話で寄せた質問に対する回答だ。この視聴者は、Red HatのLinux OSのようなものをGoogleがデスクトップ向けに開発する計画はないのかと質問した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社