お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

アドビ、Linux版AIRをリリース--Linux Foundationへの加盟も発表

2008/03/31 18:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobe Systemsは米国時間3月31日、Linux向け「Adobe Integrated Runtime」(AIR)のアルファ版をリリースし、同時にLinux Foundationに加盟したことを明らかにした。

 AIRは、オンラインでもオフラインでも利用できるWebアプリケーションを作成、実行するためのブラウザ向けプラグインだ。2008年2月下旬にリリースされたばかりの「AIR 1.0」には、Windows版とMac OS版がある。Adobeはすでに、AIRをLinuxとモバイル機器に移植する計画があることを明らかにしていた。

 Linux版AIRのリリースに合わせて、Adobeは、Linux用「Adobe Flex Builder 3」にアップデートを加えたアルファ版も発表した。両ツールの正式版は、2008年後半には完成し、Adobe Labsから無料でダウンロード入手できるようになる予定だ。

 Adobeはさらに、Linux上でのリッチインターネットアプリケーション(RIA)の開発促進を支援するため、Linux Foundationに加盟したことを発表した。デスクトップ環境におけるLinuxベースのソフトウェアに対して、Adobeはこれまで限定的なサポートしか提供してこなかったが、今後は取り組みを強化することになる。

 Googleは、オープンソース技術「Wine」を使ってLinux版「Photoshop」やその他の「Creative Suite(CS)」ソフトウェアを開発しているCodeWeaversのプログラマーに、資金提供をしている。

 総じて、Adobeはオープンソースソフトウェアとの連携の強化を目指してきた。同社は、「Flex」のようなオープンソースの開発ツールを提供しているほか、Mozilla Foundationにはウェブブラウザ「Firefox」に組み込むためのスクリプティングエンジンを寄贈している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社