お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

SGラボ、「サントリーウーロン茶」を題材にしたアドバゲームを公開

2008/03/05 17:57
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 学研とスクウェア・エニックスの合弁会社であるSGラボは3月5日、同社が企画・制作した「サントリーウーロン茶」のアドバゲーム「ウーロン茶物語〜美味しいお茶を求めて〜」が、4日よりサントリーのホームページで公開されたと発表した。無料で利用できる。

 アドバゲームは、企業や商品の広告を盛り込んだゲームを用いた広告手法の一種。

 今回公開されたウーロン茶物語は、中国福建省を舞台としたミステリー仕立てのゲーム。お茶づくりに必要なアイテムを探しながら、茶畑から茶葉を摘み乾燥させる作業や、中国の伝統的なお茶の注ぎ方など、茶葉作りの工程からお茶の淹れ方までを学ぶことができる。

 実際にお茶づくりを体験しているかのような感覚でゲームが進むうちに、自然とウーロン茶についての知識が高まり、その魅力を感じることができる内容になっているという。

 推奨環境は、Windows XPおよびMacOS 10.3以上。Adobe Flash Playerのバージョン8以降をインストール済みのブラウザに対応する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社