お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Yahoo MailやiGoogleはソーシャルに近づくのか

2007/11/14 19:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleとYahooにとって「iGoogle」や「Yahoo Mail」は、両社のソーシャルネットワーキング計画の中核部分になる可能性があると、The New York Timesが報じている

 Saul Hansell氏はブログ記事への投稿で、「ウェブベースの電子メールシステムには、Facebookがソーシャルグラフ(人と人とのつながりを指す)と呼ぶ機能の大部分がすでに含まれている」と述べている。「YahooとGoogleは自分たちがこうした情報を持っていることを分かっていて、人々をつなげる独自のサービスを構築するために利用することができる」(Hansell氏)

 Hansell氏は、Google幹部数人からこうした計画の話を聞いたと述べる。GoogleのOpenSocialプロジェクトを指揮しているJoe Kraus氏は、「われわれは、iGoogleがよりソーシャルになる可能性があると思っている」と述べる。

 一方のYahooでは、通信とコミュニティーを担当するシニアバイスプレジデントであるBrad Garlinghouse氏が、同社では「Inbox 2.0」に取り組んでいると述べる。これは、友人からのメッセージを知らない人からのメッセージに優先して表示するという機能。Yahoo Mailはまた、友人について、誕生日などより多くの情報を表示する拡張も計画しているという。

 もし、これが両社の取り組んでいるソーシャルなのであれば、どうして、両社はMashやKickstart、Orkutのようなソーシャルネットワーキングサービスを試みているのだろうか。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社