お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

WSJ.comにDiggボタンが登場へ--この提携は何を意味するか

2007/11/14 16:22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニュースアグリゲーターDiggの創業者であるKevin Rose氏は11月13日夜に投稿した短いブログで、Wall Street Journal(WSJ)との新しい提携関係について述べている。

 「Wall Street Journal Onlineがサイト内全体にDiggボタンを付けることになった。これにより、Diggに投稿された(WSJの)全記事に、完全に(無料で)アクセスできるようになる」とRose氏は書いている。「今夜より、WSJ.comの記事にDiggボタンが付く」(Rose氏)

 「完全に(無料で)アクセスできる」という部分が重要だ。News Corp.を率いるMurdoch氏は今週、オーストラリアで投資家に対し、Wall Street Journalのデジタル版の有料購読モデルを廃止する計画であると語っている。New York Timesがこの秋、プレミアムコンテンツを廃止した後、WSJは有料モデルをとる残り少ないニュースサイトの1つとなっていた。

 Diggとの提携はどうやら独占的なもののようだ。Rose氏のブログに関して広報担当者は電子メールで、「Diggは、WSJのサイトに付く唯一のボタンだ」と書いている。つまり、DiggのライバルであるRedditやブックマークサイトのdel.icio.usのボタンが付くことはないということになる。この提携が独占的なものかどうかについて、さらなる詳細を得ようと担当者にコメントを求めたが、現時点では回答は得られていない。

 しかし、何よりも重要なのは、この提携によってDigg買収のうわさに拍車がかかるだろうという点だ。Diggは以前から買収のターゲットと目されており、数週間前にはDiggは3億ドル〜4億ドルで「大手メディア企業」に買収されるといううわさが出回っていた。今回のWSJとの提携により、News Corp.による買収が近いといううわさがさらに強まることが予想される。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社