お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

マイクロソフト、Google Analyst Dayでも話題をさらう

2007/10/25 14:24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Microsoftのニュースがなければ、「Google Analyst Day」では当然Googleが話題の中心となっていたことだろう。

 Google幹部らは米国時間10月24日、Google Analyst Dayの会場において企業向けのGoogle Appsについて大きく取り上げたり、無線周波数帯の割り当ての入札に参加する理由を説明したり、DoubleClickの買収が認可されると楽観視していると述べたりする一方で、Facebookとの大きな提携を果たしたMicrosoftがその場にいることを無視しようと懸命に努力していた。

 広告分野やソーシャルネットワーキング分野におけるGoogleの将来に関するプラス要因となる話題すべてをもってしても、MicrosoftのせいでGoogleの影が薄くなった事実を変えることはできなかった。同日早く、MicrosoftはFacebookの株式の一部を2億4000万ドルで取得すると発表した。これは、人気のソーシャルネットワーキングサイトを運営するFacebookの独占広告パートナーとなる契約を巡る熾烈な競争において、MicrosoftがGoogleに勝ったことを意味すると伝えられている。

 アナリストや記者たちからの数々の質問に対して、Googleの最高経営責任者(CEO)であるEric Schmidt氏は苛立たしげに、「特に」コメントはないと繰り返した。

 Googleの共同創業者であるSergey Brin氏は同イベントの終わりに記者らに対して「今までにも、この分野に限らず他の分野でもいくつかの取引を逃してきている。・・・われわれの競争相手の中には、巨額の資金を進んで投入する企業もある・・・しかしわれわれの興味の対象は実際のところ、経済的に持続可能な契約にあるため、そのような類の取引は行わないようにしている。ただ、そういった企業の幸運を祈るばかりだ」と語った。

 また幹部らは、ブラジルでは人気があるものの米国ではそれほどでもない「Orkut」に留まっている同社のソーシャルメディア戦略についても質問された。Brin氏は「Orkutは大きな成功を収めてきている。同社はこの分野をリードするソーシャルネットワーキングの1つだ」と述べたうえで、「われわれは、インターネットの世界での成功をすべて手に入れる必要性を感じるほどの大企業ではないと思っている」と述べた。

 また同氏は、GoogleがすでにMySpaceと提携関係にあることを指摘し、「そして、われわれはそれに満足している。われわれが提携関係を結んでいるソーシャルネットワーキング企業の数は現在、およそ20に上っている」と付け加えた。

 アナリストや記者たちが注目していたもう1つの話題は、噂の「Google Phone」に関するものである。しかし、Google幹部らはそれについても語ろうとはしなかった。

 Schmidt氏は「私はAppleの役員も務めており、iPhoneを使っている」と述べ、自身の電話を記者らに掲げて見せるとともに、「Googleには、将来的な製品については語らないというポリシーがある」と述べた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社