お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

グーグル、ニールセンと「Google TV Ads」効果測定で提携

2007/10/24 16:03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleはNielsenと提携し、Google TV Adsを購入した企業が広告を実際に見た人数を把握できるようにする。

 Nielsenは自社測定端末を米国内の家庭に設定し、どのTV番組が人気かを追跡できるようにしている。

 今回の提携により、GoogleはNielsenが測定端末から収集した人口データにアクセスできるようになる。Nielsenによると、これにより広告主はどの広告に効果があるのかを把握し、性別などの視聴者に関する情報を収集できるという。

 2社が10月24日に発表する声明文では、「広告主や広告エージェンシーがこのレベルの詳細な測定を単一の場所で大規模に行えるのは、これがはじめてとなる」と述べている。

 GoogleとNielsenはこの複数年の戦略的提携に加え、「オンラインと他のメディアを測定する」他の可能性についても模索する、としている。だが、現時点では詳細を明らかにしていない。

 NielsenはTV市場から拡大し、オンライン分野に進出している。現在、同社はオンライン分野でウェブサイトのトラフィック、動画ストリーミング、ビデオゲームの利用、ブログなどを測定している。

 一方のGoogleは、利益性の高いオンライン広告プラットフォームを開放し、マーケッターがウェブサイト以外に、TV、ラジオ、印刷物でも広告を購入できるようにしている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社