お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

米インターネット広告売り上げ、第2四半期で25%増--IAB調査

2007/10/05 12:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Internet Advertising Bureau(IAB)が発表した最新報告から、米国での第2四半期におけるインターネット広告の売上高は、前年同期に比べて25%増加し、51億ドルとなったことが明らかになった。

 同年第1四半期では49億ドルであったことから、年前半で100億ドルに達したこととなる。これは、記録としては過去最高で、2006年前半に比べて26%の増加となる。

 第2四半期では目立っていたのは消費者関連広告で、特に小売りおよび自動車の分野であった。検索広告の割合も依然大きく、バナー広告そして案内広告がそれに続いた。

 オンライン広告主の多くは金融サービス会社であることから、米国内の住宅ローン問題がオンライン販売業界にとって打撃となると予測された。しかし、これまでのところ、そうはなっていないようだ。金融サービス広告は、第2四半期売上高において2番目に多くて15%を占めており、前年同期に比べて1%だけ減少している。

IABの最新報告 提供:PricewaterhouseCoopers

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社