お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

CRI・ミドルウェア、フルHDに対応したビデオキャプチャサービスを開始

2007/09/05 15:25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CRI-HVC ロゴ

 CRI・ミドルウェアは、フルハイビジョン(フルHD)に対応した、「CRIハイエンドビデオキャプチャ」サービス(CRI-HVCサービス)を開始すると発表した。

 「CRI-HVC」サービスは、フルHD映像に対応した高品位なビデオキャプチャサービス。さまざまな映像を非圧縮のデジタルデータとして取り込むことで、TVモニター等で鑑賞しているそのままの映像をデータ化することが可能となる。

 これまでは、無劣化でのキャプチャが難しかったプレイステーション3やXbox 360といった、HD出力に対応した家庭用ゲームのプレイ映像もリアルタイムにデジタルデータとしてキャプチャすることができるので、TVCMやプロモーション映像などのプロモーション用途に利用することができるのはもちろん、高解像度の静止画として書籍やノベルティグッズなどの販促物にも活用することができると、CRI・ミドルウェアではコメントしている。

サンプル画像 サンプル画像

CRI・ミドルウェアによる取り込みサンプル画像。クリックすると実寸で表示されます。

 さらに、"Games for Windows"などのPC用ソフトのキャプチャについては、PCからの映像信号をキャプチャする「ハードウェアキャプチャ」と、ゲームアプリケーション内にキプチャ用のライブラリを組み込み、PC上でフレームバッファをキャプチャする「ソフトウェアキャプチャ」の2種類を選択することができる。

 また、パチンコやパチスロなどといった組み込み機器向けのキャプチャも、近日中にサービス提供が予定されている。

「CRI-HVC」サービス(ハードウェアキャプチャ)概要

対応機種(映像ソースとして)

プレイステーション3、Xbox 360、PC(Windows)、その他のHD出力に対応した各種機器

キャプチャ対象

 HDMIやDVIなどによって出力される「デジタル映像信号」
※上記以外、LVDS(デジタル)や、アナログコンポーネント、アナログRGBといった各種信号については、HDMI/DVIに変換可能であれば可能。

キャプチャ後のデータ形式

BMP形式(24bit、非圧縮、連番BMP)

キャプチャ可能な解像度と周波数

キャプチャ可能な解像度と周波数 キャプチャ可能な解像度と周波数

価格

 利用用途やキャプチャに要する時間、接続する機材等に応じて対応。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社