お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

社保庁サイト利用者数が官公庁トップの225万人に--ネットレイティングス調べ

2007/07/19 19:32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ネットレイティングスは7月19日、2007年6月度のインターネット利用動向調査の結果を発表した。

 調査によると、年金記録問題で注目を集める社会保険庁のウェブサイト利用者数が前年同月比約5.7倍の225万人に急増。通常上位をしめる国土交通省の168万人や厚生労働省の133万人を抜き、官公庁サイトでトップとなった。

 社会保険庁ウェブサイトの2007年3月までの月間利用者は50万人未満であった。年金記録漏れが発覚して以降利用者が増え、5月には80万人と記録を更新したばかり。

 実際に利用されたコンテンツをみると、今回の年金記録問題に関する文書や広報資料を集めた特設ページは44万人。最も利用者を集めたのは、サイトで年齢や加入期間を入力することで、年金見込額の簡易試算ができるサービスで、97万人となっている。

 また、サイトで自分の年金加入記録を確認する手続きに必要となるID・パスワード発行申請や、加入記録閲覧ができるページにも87万人が訪問。17日の社会保険庁の発表によれば、6月のID、パスワードの申請数は50万5836件となり、過去最高を記録した。

 サイト利用者の年齢構成比をみると、40歳代が最も多く34.2%となった。次いで30歳代の25.9%、50歳代の21.9%と続く。ネット利用者全体にしめる「40歳以上」の比率は、全体の半数以下となっているが、社会保険庁ウェブサイト利用者に限ると、全体の7割近くを40歳以上が占める結果となった。

 その一方で、同サイトへの若年層の関心は低く、20代以下の利用者は、わずか5.2%にとどまっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社