お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

ニワンゴ、携帯メールによるデータリクエストの仕組みをAPIで提供

2007/06/29 18:41
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ニワンゴとドワンゴは6月29日、共同で提供している無料メールポータル「ニワンゴ」のOpenAPIを、開発者向けサイトで公開した。

 このAPIは、ユーザーとサービス事業者間のデータリクエストを携帯電話のメールで行うための仕組みを提供する。携帯電話のメールだけで検索を行えるニワンゴのサービスのベースとなっている部分だ。

070629_niwango.jpgニワンゴのOpenAPIの仕組み

 これを使用することで、携帯電話のメール機能を使ったアプリケーションを作成することができる。APIを利用して開発したアプリケーションをサーバーに設置しておくと、ユーザーはコマンド付きのメールを送るだけでデータを受け取ることができるようになる。

070629_niwango2.jpg「ニワチェキ」の返答画面

 ニワンゴはいくつかのアプリケーション作成例を公開している。そのうちの一つである「ニワチェキ」は、ユーザーの送ってきた顔写真を自動判定して、その顔に似た著名人の名前をテキストで返信するサービスだ。

 このサンプルアプリでは、ユーザーは顔写真を携帯電話で撮影し、それを添付したメールをm@open.niwango.jp宛に、本文にコマンド「ニワチェキ」と記載して送信する。

 メールはニワンゴのサーバによってコマンドキーワードごとに振り分けられ、開発者のサーバに回答がリクエストされる。開発者のサーバは顔写真を判定してテキストを抽出し、ニワンゴのサーバに返信。ニワンゴのサーバはそのテキストをユーザー向けのメールに整形して結果を返信する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社