お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

Windows版「Safari」が登場、日本語は未対応

2007/06/12 11:01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本時間6月12日未明、サンフランシスコで開催されている「Apple Worldwide Developers Conference 2007」で、Appleがウェブブラウザ「Safari」のWindows版を発表した。対応OSはWindows XPおよびVista。Appleのサイトからダウンロードできる。

 Windows対応版はバージョン3で、現在はパブリックベータとなっている。AppleによればIE7の2倍、Firefoxの1.6倍速いという。

safari

 セットアップファイル(SafariSetup)のサイズは7.9MB。起動するとインストーラが立ちあがる。

safari

 ローカルネットワークに接続された機器の設定を自動で行ってくれる「Bonjour for Windows」も利用できる。

safari

 インストールを完了し、Safariを起動する。

safari

 Windows XPで動く。タブの表示も可能だ。

safari

 ただ一点、残念なことに日本語は表示できない。アップルジャパンによると日本語への対応予定について現段階で発表できることはないという。

safari

 まだパブリックベータのため不安定な部分もある。ブックマークボタンを押した途端に強制終了してしまった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社