お使いのブラウザは最新版ではありません。最新のブラウザでご覧ください。

これがGoogleブラウザの正体?--オフラインでもウェブアプリが使える「Google Gears」

2007/05/31 08:00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、ウェブブラウザの機能を拡張する技術「Google Gears」の提供を開始する。ネットワークにつながっていないPCでもブラウザ上でウェブアプリケーションが使えるようにするもの。第一弾として、5月31日にフィードリーダー「Google Reader」をGoogle Gearsに対応させる。

 Google GearsはJavaScriptを利用して、オフラインでもブラウザ上でウェブアプリケーションが動作できるようにしたもの。仕様はオープンソースで公開し、第三者が無料で利用できるようにする。

 Googleはブラウザ上でワープロ文書や表計算シートが作成できる「Google Docs & Spreadsheets」など、これまでに多くのウェブアプリケーションを無料で提供してきた。ただ、これらのサービスはネットワークに接続していないと利用できないという大きな弱点があった。Google Gearsはこの弱点を補う技術だ。この技術により、Docs & SpreadsheetsはMicrosoftのWordやExcelに対するの競争力を高めることになるが、GoogleではDocs & SpreadsheetsがGoogle Gearsに対応するかという点については明らかにしていない。

 Google Gearsに対応したウェブアプリケーションはデータをクライアントPC側に保存し、定期的にサーバと同期する。このため、地下鉄の中などネットワークが切れやすい環境であっても常時接続しているのと同じような感覚でウェブアプリケーションが利用できるようになるという。

 「Google Readerの開発者はバスで通勤しており、ネットワークがつながらない環境でもGoogle Readerを使いたいと思っていた。このため、Google Gearsの開発のうわさを聞きつけて真っ先に対応した」とGoogleの担当者は裏話を明かす。

 Google GearsのプロダクトマネージャーであるOthman Laraki氏によれば、「現在Ajaxを使って提供されているウェブアプリケーションであれば、大きく設計を変えることなくGoogle Gearsに対応できる」という。Google Readerの場合、「担当者が業務外の時間を使って、1カ月弱で対応した」とのことだ。

 ブラウザはInternet Explorer、Firefoxに、OSはWindows、Linux、Macに対応する。Opera、Safariについては今後対応していくという。

 GoogleではGoogle Gearsを標準仕様にしていきたい考えで、MozillaやOpera Software、Adobeとパートナー関係を築く方針。とくにAdobeは「Apollo」と呼ばれる、オフラインでもFlashなどを動作させられるプラットフォームを開発していることから、Google GearsとApolloと連携させるべく共同開発を進めていく考えだ。FirefoxやOperaについては次期バージョンでGoogle Gearsを標準搭載するよう働きかけていくものとみられる。

 Google Gearsの詳細な情報はhttp://gears.google.com/で公開される予定だ。

編集部注:記事中でOperaに対応すると記載しておりましたが、5月31日時点での正式サポート対象はInternet ExplorerとFirefoxのみとなっており、Opera、Safariについては今後の対応との発表がありましたので、訂正いたします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人情報保護方針
利用規約
訂正
広告について
運営会社